前へ
次へ

がん健診の重要性と日本の医療に関して

今や二人に一人ががんと診断される時代ですが、決して恐れる必要はありません。がんは早期の発見をすれば必ず治りますし、社会復帰も早くなります。日本人に多いがんの一つが胃がんですが、早期の発見には内視鏡が有効だと言われています。かつては苦痛を伴っていた内視鏡検査ですが、医療の進化と共に苦痛は減っています。経鼻内視鏡を選択することが出来ますし、場合によっては鎮静剤を使用することも可能です。とりわけ鎮静剤を使うと、眠っている間に検査を終えることが出来ます。心身にかかる負担は少ないですし、近年は急速に増えている検査方法です。内視鏡でピロリ菌を発見することも出来ますし、胃がんの発症リスクを抑えることが出来ます。大腸がんも内視鏡が有効ですし、40歳を超えると考えておくべきです。開腹手術は心身への負担が大きいですし、内視鏡の苦しさを我慢さえすれば、病気の早期発見に繋がります。世界に比べても、日本の医療は素晴らしいです。

Page Top