前へ
次へ

肩こりにならないようにするには

最近は子どもでも肩こりに悩まされることが多くなってきていると言われています。自身が子どもの頃は肩がこるといったことはなかったように思うので、これはある意味、現代病と言えるのかもしれません。今の時代、子どももパソコンやスマートフォン、タブレットなどを使う機会が多いことから、どうしても一定の姿勢を続けてしまいがちです。それが肩こりの原因と言えるでしょう。特にゲームに集中してしまうと何時間でも同じ姿勢で過ごしてしまうという人は多いはずです。そこでこれを改善するためには、適度に休憩を取ることとなります。ゲームに集中したい気持ちがあっても、1時間経ったら10分休憩するというように一定の姿勢を変えるようにしましょう。少し立ち上がって伸びをするだけでも、凝り固まった体がスッキリすることがあります。このように一定の姿勢を取る時間を短くしていけばいいのです。また、ストレッチをしたり筋トレをしたりすることも大切です。

Page Top