前へ
次へ

ありがたさを感じる日本の医療システム

日本は国民皆保険制度ですし、日本中のどこに住んでいても同じ値段で同じ治療を受けることが出来ます。貧富の差がないので、非常にありがたいシステムではないでしょうか。自治体によっては中学生になるまで医療費が要らない場合もありますし、親御さんにとっては経済的な負担が少なくなります。ここで重要になるのが、用もないのに病院に行かないことではないでしょうか。病院に行く人が増えると保険料金が上がることになりますし、薬を飲み過ぎてしまうのも同様です。これからは少子高齢化の時代になりますし、一人一人が考えをしっかりと持つことが大切です。がんや脳卒中等の高度な医療は、大学病院や総合病院で診察を受けるべきです。しかし、風邪等の軽微な病気は掛かり付け医を活用するべきです。すみ分けが出来ると、患者にとってもメリットは大きいのではないでしょうか。国や自治体も必死に知恵を絞っているので、私たちも頑張るべきではないでしょうか。

Page Top