前へ
次へ

肩こりの簡単な予防と治療方法

首すじや肩、背中にかけて筋肉が緊張することで肩こりが起こります。首や背中が緊張する姿勢での作業、猫背や前かがみ、運動不足、ストレスなどが原因と言われます。重症化していない場合は、日々の生活のちょっとした工夫で肩こりを予防し治療することも可能です。毎日の姿勢を見直すことです。運動が有効な治療手法ですが、仕事中や通勤途中など、特別な運動をしていないとき、姿勢を意識するだけで良いのです。猫背などの見直しだけでも変わってきます。頭の重み、動作の反動など何もしていない状態でも肩には常に負荷がかかります。この負荷に耐えうる骨組みを整えることが正しい姿勢への意識と言えます。マッサージより、日々の自分の姿勢を見直すだけで、肩こりが軽減される場合があります。凝る部分は筋肉です。骨や関節ではないのです。とは言っても骨に無理がかからなければ筋肉には余計な力がかかりません。肩付近の骨に負担をかけないことが、正しい姿勢であると言えるのです。

Page Top