前へ
次へ

最新医療技術とVRによる演習の可能性

医療関係者にとって、VRは身近な存在です。VRを上手に活用することで、医療技術の進歩や発展に大きく貢献することがわかってきたといいます。実際に利用するポイントとしては、手術のシミュレーションが最たるものでしょう。特に外科や産婦人科、小児科といった分野では、どんな症例が飛び込んでくるのかわかりません。そのため、率先してシミュレーションによる手術の予行練習が実現できるため、定期的に実施し、技術力を高めることも多くなってきました。予行演習が定期的に実施できることによって、多くの医療関係者が患者への負担を提言した治療を行うスキルを身につけられることになります。デリケートな妊婦や胎児・小児たちの治療はどんなミスも許されないため、万が一のことを考えて技術力を高めておくことが必要です。VRがあれば、定期的に手術の予行演習を実施し、予測不可能な治療の演習を定期的に行い、将来に備えておくことが期待出来るでしょう。

歯を抜かない矯正地調

親知らずの痛みに悩んでいませんか?

緊張しない身近な歯医者さん

Page Top