前へ
次へ

秋の寒暖の差による肩こりには内側から温める

季節的に肩こりを感じる人もいますが、過ごしやすくなるはずの秋に辛くなるなら、それは急性の可能性が高いです。灼熱の太陽と向き合い、暑い夏を通り越したものの、暑さでバテ気味の身体はまだ完全に回復はしていません。過ごしやすくなるのも秋の気候ですが、冬に向けて昼は心地よくても朝晩は冷え込む、寒暖の差も激しい時期です。日中は心地よい温かさなのに、朝と夕方からは寒くなるので、それに応じて筋肉の収縮が起きます。まさにこの筋肉収縮が温度のアップダウンで、急激に起こすのが秋になると感じる肩こりの正体です。慢性的ではなく一時的であり、冬に多くの人が一度は感じる軽度の風邪のようなものとも言えます。実際にメカニズムも秋の肩こりは風邪と同じなので、体が急に冷えて寒いと察知したら、内側から温めるのが得策です。衣類で首元や足元も温めるのも大切ですが、生姜入りのホットドリンクなどを飲んで、体内からポカポカにするのが良い方法になります。

Page Top