前へ
次へ

心身が癒される入浴タイムを活用して肩こり解消

座ってできるオフィスワークは楽な反面で、長時間パソコンと向き合い同じ姿勢を続けることで、筋肉が硬くなり肩こりになりやすいです。緊張をした筋肉は柔軟性を失うので、血液の流れもイマイチになります。何も対処なしで過ごしてしまうとやがて慢性的となり、いつも肩や首の凝りを感じることになるため、その日のうちにはリセットすることです。簡単でついでに心身が癒される方法として、バスタイムを利用しない手はありません。忙しい日々を過ごす中で、バスタイムもシャワーだけで済ませることもありますが、肩こり解消を目指すなら入浴です。ゆったりと優雅な入浴タイムを過ごすことで、体は芯から温まり血液の流れも良くなります。お湯の温度はあまり熱すぎないように、ぬるめの40度以下に設定をすることです。これくらいの温度ならゆったりと入ることができて、発汗を促すためにもお風呂前に、常温の水をコップに1杯ほど飲んでおきます。お風呂場の中と脱衣所の温度は、できるだけなくした方が良いです。

Page Top